企業や事業所で働く産業保健師のお給料について

企業や事業所で働く産業保健師のお給料について

特定の企業や事業所に勤務するのが産業保健師です。社員の応急医療・定期健康診断・健康相談・保健指導・メンタルヘルスケアを主な仕事とします。医務室や健康管理室に常駐することが多いです。 産業医をサポートしながら社員の健康を守ります。

ここでは、企業や事業所で働く産業保健師のお給料についてお話したいと思います。平均的な月給は25万円から30万円程度です。年収ベースでは400万円後半から500万円前後です。

産業保健師は行政保健師や学校保健師が公務員であるのと違って民間企業の勤務になります。一般社員と同じように給与は景気や経済動向や企業経営方針によって影響を受けます。不況になれば業績が振るわなくなり会社経営は悪化します。

場合によってはボーナスがカットされたり昇給されない場合もあるでしょう。勤務体系や勤務時間は就業規則に則ります。他の正社員と同じで日勤勤務で看護師とは違って規則的な勤務です。 しかし規模が大きい大企業の健康管理を維持するには忙しい毎日になります。

労働安全衛生法では常時50人以上の従業員がいる事業所には産業医の選定が義務づけられています。 けれども保健師の採用は特に規定がなくて企業の任意によって配置すればいいのです。 だから企業や事業所に必ず産業保健師が常駐しなければならないことはありません。

けれども最近は社員の健康はとても重要視されています。企業活性化のためには企業労働力を強化するという考えが浸透しています。社員ひとりひとりの健康に配慮する企業も増えています。

一部上場企業の正社員保健師であれば安定した仕事になります。年収ベースで30歳で500万円・35歳で600万円・40歳で700万円と高収入が期待できます。企業や事業所に勤務する産業保健師は企業業績が給与に反映する特徴があります。

以上、企業や事業所で働く産業保健師のお給料についてお話しました。給与以外のメリットとしては社会人としてのマナーも磨かれるし人間的素養も養えるでしょう。保健師の職場としてはとても魅力があると思います。

↑ PAGE TOP