保健師の仕事と看護師の仕事の違いについて

保健師の仕事と看護師の仕事の違いについて

保健師と看護師に共通しているのは、どちらも保健師助産師看護師法に規定された国家資格であることです。保健師は上位資格で看護師国家資格に合格することが前提条件です。さらに保健師養成課程を経験した上で保健師国家試験に合格しなければなりません。

ここでは、保健師の仕事と看護師の仕事の違いについて説明いたします。保健師は看護師資格も有していることで看護師として仕事をすることもできます。基本的には<保健指導>が保健師の主な業務になります。

看護師の主な役割は医師が診察する場合の補助が中心です。患者様に対してアドバイスをするシーンもあります。それは診察や処置の際に付随しておこなうことが基本です。

保健師を名乗るためには保健師国家試験に合格しなければりません。けれども保健師の役割である<保健指導>は保健師でなければできないことではありません。看護師は病院などの医療機関で患者様に対して日常生活の衛生指導や健康指導を適切な形でアドバイスできます。

保健師の仕事と看護師の仕事の違いは、働く勤務先も違ってくることです。看護師の場合の勤務先は大部分は医療機関になります。医療機関以外では福祉関係の施設で老人ホームも看護師資格を持っている人材を求めています。

一方の保健師は、病院で仕事をするケースは珍しいです。病院の中でも入院患者・外来患者・ご家族に対して健康相談や健康指導を実施する保健師が在籍している場合もあります。

けれども一般的に保健師が活躍する場は市役所や区役所や役場・保健センターなどの「行政機関」や「一般企業」「学校」がメインになります。保健師は、そういった勤務先で地域住民や従業員・スタッフや学生の健康管理をしたり健康増進のために汗を流します。

学校勤務の養護教諭の場合は急病は怪我などの応急処置をするようなシーンもあるでしょう。行政保健師や企業保健師は、いろいろな業務をしなければならないです。とりわけ企業保健師・産業保健師は従業員や社員の健康状態をまとめる書類作成業務など一般社員的な仕事もあります。

以上、保健師の仕事と看護師の仕事の違いについて説明いたしました。 保健師も看護師も地域にとっては不可欠で大事な職業です。

↑ PAGE TOP