資格取得後の保健師の勉強について

資格取得後の保健師の勉強について

保健師の仕事は専門性が高く、幅広い知識を身に付けておく事が必要です。多くの保健師の方は4年制の大学を経て資格を取得し、保健師として働く方が多いですが、その知識だけでは、実際の仕事の中ではまだまだ不十分と言える部分も多く、継続して勉強が必要になります。

様々な業種で、日々の仕事やそれ以外の時間でスキルを高めていく事が必要とされていますが、保健師も例外ではなく、資格取得後も勉強を重ねていく必要があります。

保健師は実はその勉強の環境が比較的整っている職種と言えます。公務員として働く行政保健師の場合は、職場が保健所や医療関連施設である事が多いですが、こうした職場では、定期的に研修や勉強会、セミナーが開催されています。

こうしたものに参加する事で、知識を更にプラスしていく事ができます。費用は職場から出たり、そうでなくても安価で受講する事ができるため、勉強しやすい環境と言えます。

また、産業保健師という企業で働く保健師についても、こうしたセミナーなどに関する情報は定期的に入ってくる事が多いです。産業保健師の場合は外部の研修会に出向く事になりますが、こうした場合も企業から費用が支給されるため、学びやすいと言えます。

どのように受けるかは職場ごとに異なるため、興味のある方は確認しておくと良いでしょう。大学病院などでもセミナーが行われていますし、アンテナを張っていれば、こうした情報は多くあります。

勉強を欠かさずに前向きに取り組んでいると、仕事にもその知識を生かして、さらに働きやすくなったり、やりがいを持って取り組めるようになります。

安定して働きやすいと言われる保健師ですが、そうした安定性だけで終わらず、人々の健康をサポートするという仕事の内容に興味を持ってやりがいを感じながら取り組んでいくと、さらに保健師としての人生を楽しく歩む事ができます。自分のペースでも良いので、常に学ぶ姿勢を持って、取り組んでいきましょう。

↑ PAGE TOP